股関節を鍛えるのに最も基本となるトレーニングは?


股関節を鍛えるのに最も基本となるトレーニングは歩行です。

いつでも始められますね。


歩くというのは股関節だけの働きではなく

足部⇔膝⇔股関節が相互に連動して動いています。


身体は脳からの指令で動きます。

歩行がトレーニングとして効果を上げるには

それぞれの関節の動きが上手にバトンタッチ出来ること。


しかし、それぞれの関節に歪みがある場合には、歪みの矯正に効果的なエクササイズが必要です。


歩行周期の中で股関節は1回だけ屈曲(曲がる)伸展(伸びる)します。

着地時に通常のスピードで約40度曲がり、後ろ足のつま先が離れる時、

約10度伸びます。


膝の関節は少し複雑な動きで1歩行の中で2回曲げ伸ばし運動が起こります。

つま先が地面に引っかからないようにするため膝が曲がり

次に足がついた後、ほんの少しだけ膝が曲がり衝撃を吸収します。


足部の関節の動きはさらに複雑。

足には沢山の関節があり、地面の形をとらえて歩行を調整しています。

沢山の関節がありいろいろな動きがでる反面、いろいろな変形を起こしやすいです。

非対称な歩行は足にダメージを与え外反母趾などの変形を生じやすくなります。


股関節を鍛えるためのトレーニングとしての歩行は

骨のラインが整っていてること。

足部~膝~股関節のバトンタッチが上手に働くこと。

上記の条件が整うことで効果が倍増します。



Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square